読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆さん?フィンランドを徹底比較し厳選です メソッド

借りたり!購入するときの良いガイドになりそうで助かります。好みが偏りがちな本読みですが、コレには『こんなほんもあるんだ!』と、自分達では絶対に選ばないような本もあるので、とても良いです!!!親子で楽しんで取り組めるようになってます!五歳の子供にプレゼントです。本来なら紹介されたオススメの100冊を読み進めて記録をつけるのですが!うちはすでに殆どの本を読んでいるので!ここに載っていない本でも気にせず読んだら記録することにしました。

下記の商品です♪

2017年04月26日 ランキング上位商品↑

フィンランド メソッド親子で書こう!100さつ読書日記 [ フィンランド・メソッド普及会 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ですが、これからが勝負!100冊読んだら●●に行こうね♪と目標もってがんばっています。読んだこともあるものがいくつかありますが!『もう一度読み直してみよう!』と家にあるものから取り組んでいます。無理なく、やれそうな感じです。どうしても選書が似たり寄ったりのものになってしまうので。こちらで紹介されている100冊の中には、定番の名作から、私の趣味ではまず選ばないような本も含まれており、いろいろな内容の本に触れるきっかけとなりました。読書はするものの、いつも同じ本ばかりになってしまうので、楽しみながら色んな本が読めれば。題名・作者・感想は自分で書きました。また字を覚えたてなのですが感想を自分で書きたいらしく字を積極的に書くようになりました。届いて中身を確認してみたら私が選ばないような本がたくさん載っていたので図書館で本を借りる指標になって良さそうでした。感想はまだ親の私が代筆していますが!タイトルだけは本人に書かせています。本読みが苦手な次女(小学2年生)のために購入しました。シール大好きなので喜んでいます。図書館に行くとこの本を広げ、「今日はどの本借りようかな〜」と自分で選び、図書館のPCで検索して、図書館の事務の方に「この本探してください」と言っています。早速!自宅にある物から順に読んでいます。子供もシールを貼れるので「この本読んで〜」と言ってくれます。なんだか楽しそうです。4歳になる息子にプレゼントしました。ちょっと難しいかな?と思うような本でも読み聞かせすると意外に感動することもある様子です。他のレビューにもあるように、もう少し幼稚園用、小学校低学年用とか範囲を絞って100冊になっていればいいのにと思います。これは人それぞれかもしれませんが!4歳だと難しすぎる?と思うような本(『はれときどきぶた』等)がちょくちょくあります。話題のフィンランドメソッドもこんなきっかけからなら取り組みがしやすいですね♪年長になってから始めましたが現在95冊!やっとゴールが見えて来たのでレビューします。図書館は大好きですが!いつもキャラクターの本ばかり選ぶ3才の息子・・・。たまたまネットサーフィンしていたら個人のブロガーさんがこちらをおすすめしていて良さそうだったので購入してみました。子供にもよると思うのですが年齢層が幅広いので時間をかけて楽しめそうです。幼稚園で読んだ本もあり、本人は次これを読んでみたいな〜と釘付けでした。ミニシールがとても可愛くて!コンプリート目指して頑張っています。自分の好きな本ばかり何度も読むだけだったのが色々な本に目を向けるようになってきました。なので!感想文用の専用のノートを準備してそこに書くようにしました。とっても良い本です!4歳の息子に購入しました。現在1年生ですが自分で読んだものもあれば、親が読み聞かせしたものもあります。もう少し対象年齢の幅を狭めて欲しいところです。。実際に100冊を購入するのは無理があるので図書館で借りています。1歳なので、自分で感想を書くことはできないので私の代筆になりますが、後からのよい記念になりそうです。長文の本は挫折してしまいましたが、幼稚園の時にすでに読んでいるような本も図書館で借りてきて読み直しをして感想文を書いてます。本に親しむという目的は達成されましたよ。赤ちゃん絵本のようなものから、200ページ近い挿絵も少ない幼年童話のようなものまであり、全部自分で読むとなると数年かかるし、途中で挫折するかな。でも、親子で毎週図書館に通って、この読書日記の本を借りるついでに他の本も借りたりして2年間でものすごい読書量にはなったと思います。色んな本をたくさん読んでほしいけど、自分自身もどういう本を薦めればいいのかよくわかりません。読んだ本にはシールを貼るのですが、このシールがその本の表紙になっていて可愛いです。。と思い6歳の娘に購入しました。親子で読書習慣をつけるのに本当にいいものだと思います。シールを貼ったりするのが楽しいらしく、なかなか定着しない読書に少し興味を示したようです。絵本が好きな子供のために。)各本に対する簡単な感想文を書く形になっています。私も子供と一緒に読書日記を完成させるのが楽しみです。それらの本をまた、改めて読むいい機会にもなりそうです。2、3歳の間に読んだ絵本が100冊を超えるほど読書好きな子供ですが、4歳になり平仮名を書けるようになってきたので、自分で読書記録を書くのも楽しくて仕方ない様子です。。読書嫌いの小学1年生の息子ですが!表紙シールがカラーになっていてでわかりやすいのか!学校の図書館で自分からすすんで借りてきました。100冊制覇したら!子どもより私が嬉しいかも・・・。読んだことのある本!もっている本などもちらほらあります。ただ、6歳には感想文の欄がもう少しあると良いなぁと思いました。子どもにシールの効果は大きいです。よく図書館へ行くのですが!どうしても借りてくる本の傾向がかたよってしまいます。この本は、100冊の紹介+読んだ事の達成感を満たす感想分のページの組み合わせが良いと思います。感想分のひな形だけなら自分で作成しても良いです(と言うか作りました)が!シールは実際の本の表紙がカラーになっていて付いていて何気に子供が喜ぶ様になっています。たくさんのシールがついていて!5冊とか10冊などのポイントで大きなご褒美シールが貼れるようになっているのも子供は大喜びでした。子供たち2人それぞれに購入しました。ある方のブログで紹介されていたので購入してみました。読み終えたごとに、シールを貼って感想を書いていくのは、子供のやる気を自然に高めてくれます。絵本シールを貼るのも毎回楽しみにしていて、買ってよかったと思います。付録にフィンランドでも子供に読書させるのは苦労する・・・と書いてあったので何事もできることから取り組んでいこうと思います。この本は!100冊の本の表紙がシールになっており!読んだ本のシールをはって!作者名や読んだ日付!感想を書くものです。(100冊の内容が収録されている訳ではありません。中を見たら!16冊の同じ絵本をすでに所有していました。本をなかなか読まなかったり、気に入っている同じ本ばかり借りてくるうちの子。おすすめの100冊の紹介と簡単なあらすじがまとめてあります。